• scissors

    難聴・めまい・耳鳴りに関わる三半規管と耳石器がどのようにして平衡器としての役割を果たしているか。

    内耳は、聞こえの神経である蝸牛、平衡の神経である前庭で成り立ち、骨の中に迷路のように入り組んだ空洞を持っているため迷路ともいわれます。

    空洞をおおう骨の部分を骨迷路といい、空洞の中には膜でできた膜迷路があります。蝸牛と前庭は膜迷路の中で細い管でつながっています。

    骨迷路と膜迷路の間には外リンパ液が流れ、膜迷路には内リンパ液が流れています。外リンパ液は脳を保護する脳脊髄液とつながり、内リンパ液は血管条と呼ばれる部分から分泌され、内リンパ嚢から吸収されて新しく入れ替わっています。

    ・三半規管は三次元の回転運動を感じ取る

    三半規管は人間が三次元の空間に生きていることと関わりがあり、半円状をした外側半規管と前半規管、後半規管の三つの管が直角に行きかって回転運動を感知します。

    外側半規管は左右の水平回転、前半規管と後半規管は垂直方向の回転の向きや速さを感じ取ります。頭が回転すると、三半規管の中の内リンパ液が動いて感覚細胞を剌激し、その回転方向と速度の信号を前庭神経から脳幹、小脳へと伝えます。

    ・耳石器は頭の動きや重力などを感知

    耳石器には卵形嚢と球形嚢があり、それぞれ炭酸カルシウムでできた小さな石のような結晶(耳石)がつまっています。頭が傾いたり重力や遠心力などがかかると耳石がずれ、そのずれ方を感覚細胞が感じ取って、からだの傾きぐあいなどを認識します。

    耳石が耳石器から飛び出し、三半規管などに入ると、良性発作性頭位めまい症といって、前庭の平衡機能が乱れ、難聴・めまい・耳鳴りが起こるとされています。

    佐藤信雄の【耳鳴り難聴めまい改善術】

    ・前庭神経の異常でも難聴・めまい・耳鳴りは起こる

    内耳からの情報を脳幹に伝える前庭神経に異常があると、難聴・めまい・耳鳴りを引き起こすことがあります。前庭神経炎ではめまいだけが起こり、難聴や耳鳴りなどの耳の症状は伴いません。