• scissors

    A先生の患者さんには、最も質が悪いといわれるスキルス胃癌から生還している人がいます。

    「手術しないと助からない」と言われた乳ガンの患者さんが、一年、二年と治療を続け、今日では目に見えてガンが縮小しています。

    B先生の患者さんでも、「手のほどこしようがない」と言われ手術もできなかった状態から、ガンが自然退縮し、社会復帰を果たすまでに回復しています。

    このような人たちを前にして、癌の自然退縮が「特異なこと」「奇跡である」と決めつけていいものでしょうか?

    最近は免疫力を高める機能性の食事を食べて、癌を治した体験談が雑誌やテレビでしばしば紹介されるようになりました。たいていは「奇跡のガン治療」「奇跡の生還」などと、おおげさなタイトルがついています。

    こうして方々で奇跡が起こっているということは、それはもう奇跡ではないということです。自然退縮して当たり前なのです。それが現代の癌なのです。

    関連ホームページ:癌に効く食べ物http://beautyful-health.com/archives/104

    こうして過去の常識を点検し直してみると、癌は意外に怖い病気ではないということがわかります。

    食べ物ひとつで変わってしまうのですから、これまで常識とされていたものは、過去のものです。これからは明るく癌を考えましょう。