• scissors

    難聴・めまい・耳鳴りに関わる三半規管と耳石器がどのようにして平衡器としての役割を果たしているか。

    内耳は、聞こえの神経である蝸牛、平衡の神経である前庭で成り立ち、骨の中に迷路のように入り組んだ空洞を持っているため迷路ともいわれます。

    空洞をおおう骨の部分を骨迷路といい、空洞の中には膜でできた膜迷路があります。蝸牛と前庭は膜迷路の中で細い管でつながっています。

    骨迷路と膜迷路の間には外リンパ液が流れ、膜迷路には内リンパ液が流れています。外リンパ液は脳を保護する脳脊髄液とつながり、内リンパ液は血管条と呼ばれる部分から分泌され、内リンパ嚢から吸収されて新しく入れ替わっています。

    ・三半規管は三次元の回転運動を感じ取る

    三半規管は人間が三次元の空間に生きていることと関わりがあり、半円状をした外側半規管と前半規管、後半規管の三つの管が直角に行きかって回転運動を感知します。

    外側半規管は左右の水平回転、前半規管と後半規管は垂直方向の回転の向きや速さを感じ取ります。頭が回転すると、三半規管の中の内リンパ液が動いて感覚細胞を剌激し、その回転方向と速度の信号を前庭神経から脳幹、小脳へと伝えます。

    ・耳石器は頭の動きや重力などを感知

    耳石器には卵形嚢と球形嚢があり、それぞれ炭酸カルシウムでできた小さな石のような結晶(耳石)がつまっています。頭が傾いたり重力や遠心力などがかかると耳石がずれ、そのずれ方を感覚細胞が感じ取って、からだの傾きぐあいなどを認識します。

    耳石が耳石器から飛び出し、三半規管などに入ると、良性発作性頭位めまい症といって、前庭の平衡機能が乱れ、難聴・めまい・耳鳴りが起こるとされています。

    佐藤信雄の【耳鳴り難聴めまい改善術】

    ・前庭神経の異常でも難聴・めまい・耳鳴りは起こる

    内耳からの情報を脳幹に伝える前庭神経に異常があると、難聴・めまい・耳鳴りを引き起こすことがあります。前庭神経炎ではめまいだけが起こり、難聴や耳鳴りなどの耳の症状は伴いません。

  • scissors

    A先生の患者さんには、最も質が悪いといわれるスキルス胃癌から生還している人がいます。

    「手術しないと助からない」と言われた乳ガンの患者さんが、一年、二年と治療を続け、今日では目に見えてガンが縮小しています。

    B先生の患者さんでも、「手のほどこしようがない」と言われ手術もできなかった状態から、ガンが自然退縮し、社会復帰を果たすまでに回復しています。

    このような人たちを前にして、癌の自然退縮が「特異なこと」「奇跡である」と決めつけていいものでしょうか?

    最近は免疫力を高める機能性の食事を食べて、癌を治した体験談が雑誌やテレビでしばしば紹介されるようになりました。たいていは「奇跡のガン治療」「奇跡の生還」などと、おおげさなタイトルがついています。

    こうして方々で奇跡が起こっているということは、それはもう奇跡ではないということです。自然退縮して当たり前なのです。それが現代の癌なのです。

    関連ホームページ:癌に効く食べ物http://beautyful-health.com/archives/104

    こうして過去の常識を点検し直してみると、癌は意外に怖い病気ではないということがわかります。

    食べ物ひとつで変わってしまうのですから、これまで常識とされていたものは、過去のものです。これからは明るく癌を考えましょう。

  • scissors

    加齢に伴って体臭がひどくなる人は、少なくありません。

    単に、加齢臭の原因であるノネナールが増えているだけならさほど問題はありませんが、背後に病気が隠れている場合もあるので注意が必要です。

    東洋医学では、臭いをかぐことによって健康状態を探る「聞診」という診察方法もあるくらいなので、体から発せられる臭いを軽視してはいけません。

    どんな臭いがするかで、ある程度の病状が推測できます。食べ物が悪い場合もあるでしょう。自己チェックの目安にしてください。

    ●肝臓:脂くさく、動物的な臭いがする
    ●心臓:焦げた臭いがする
    ●十二指腸・胃:甘い臭いがする
    ●肺:鮮度が悪い魚のような生ぐさい臭いがする
    ●腎臓:腐敗臭がする

    年齢を重ねると皮脂腺の中の脂肪酸が増加し、これが酸化分解を繰り返すことによって加齢臭の原因物質であるノネナールが発生します。

    ただ、このノネナールは加齢とともに自然と増えるもので、過度に気にする必要はありません。それに、「ノネナール=悪臭」と思われがちですが、実際のノネナールはロウソクや図書館の古い本のような臭いで、嫌悪感を抱く人はそれほど多くはないはずです。

    つまり、加齢に伴う臭いは、さほど気にする必要はないということです。しかし、急に体臭が強くなった場合は注意が必要です。

    関連サイト:加齢臭を消す食べ物 http://beautyful-health.com/archives/277

    ノネナールは脂肪酸が酸化分解されることによって起こります。体臭がきついということは、皮脂腺内だけではなく、血管の中でも脂肪酸やコレステロールの酸化が進み、食べ物が悪いなどの生活習慣病が進行している可能性があるからです。

    加齢臭が気になる人は、体の不調の原因をチェックし、改善することをおすすめします。

  • scissors

    認知症 原因はハッキリしませんが、認知症 対応についてはやるべきことは分かっています。

    痴呆症、とくにアルツハイマーについては、世界中で研究が進められていますが、わからないことだらけなのが現状のようですね。

    毎日のように論文が発表されているわけですが、今だに認知症 原因は解明されていません。脳内で何か一つの物質が増えて組織に病変が起きたとか、単純に説明できるものではないからです。

    ただ、脳の老化によって起きることは間違いありませんから、認知症 対応を工夫することにって老化を遅くする方法を実行すればいいわけです。

    ●認知症 原因 http://ninchishou-naosu.org/genin.html
    ●認知症 対応 http://ninchishou-naosu.org/taiou.html

    それは家族で対応してあげることができます。協力し合って、みんなで気持ち良く過ごせるようにしていきましょう。

  • scissors

    癌 治し方は初期の症状が出る前から始めたいものです。癌 症状のヒントはあります。血流障害は癌を引き起こしやすくします。

    一般的に交感神経が分泌するアドレナリンは、血管を収縮させる作用があるわけですが、そのため交感神経の緊張が続くと、細胞が持続的にアドレナリンの作用を受けるために全身で慢性的な血行障害が起こってしまいます。

    血液というのは、全身の細胞に酸素と栄養を送って老廃物や体にとって不要なものを回収する大切な働きがあります。

    この血流障害によってそのサイクルが崩れてしまうと、細胞に必要な酸素や栄養は届かず、老廃物が停滞するようになります。

    発癌性の物質や有害物質が溜まっていけば、発癌を促してしまいます。逆に言えば血流を良くすれば、癌 治し方になる・・ということも言えます。

    ●癌 治し方 http://gan-kieru.info/
    ●癌 症状 http://gan-kieru.info/shoujou.html

    ちなみに、痛み物質や疲労物質がたまることで、痛みやコリなどの、癌 症状が現れます。